安全安心の取り組み

農産物総合検査センター/開発研究所

農産物総合検査センターの紹介

農産物総合検査センターは、平成14年に設立され、残留農薬分析、土壌分析・診断、肥料、たい肥分析を行っています。今後も分析を通して、宮崎県農畜産物の「安全・安心」に対する取り組みを支援します。

事業戦略部 開発検査課 農畜産物総合検査センター 開発研究所

農産物総合検査センターの役割

分析業務を通じて営農指導を支援し、県産農畜産物の信頼性を高める役割を担っています。
【分析内容】■残留農薬分析 ■土壌分析・診断 ■肥料・堆肥分析 ■養液分析 ■PAG検査

ISO/IEC17025認定について

農産物総合検査センターでは、信頼される検査機関を目指して残留農薬一斉分析についてISO/IEC17025の認定を取得しました。
【認定範囲】品目:ほうれん草 成分:イミダクロプリド
試験方法:QuEChERS/膜ろ過(SPEEDIA)抽出精製による残留農薬一斉分析



残留農薬分析

目的

  • 宮崎県内の農産物を中心に、残留農薬分析を通して現場の営農指導と連携し、県内農産物の食の安全・安心の信頼性向上に寄与します。

分析の流れ

JA・組合員サンプル採取 サンプル送付
サンプルをJAが収集します
農産物総合検査センター残留農薬分析
1.前処理
2.測定
3.解析
結果報告
残留農薬分析結果報告書の発行
JA・組合員営農指導
分析結果に基づいた営農指導




土壌分析・診断

目的

健全な土づくりの推進、適切な施肥管理を通して、土壌の健全化を図り、健全化のため、土壌分析・診断を実施します。

計量証明事業

平成27年3月26日、計量証明事業所として登録認可を受け、土壌分析を実施しています。
[宮崎県知事登録環計第23号]

分析の流れ

JA・組合員土壌採取土壌の送付
採士→風乾→ふるい→袋詰め
農産物総合検査センター土壌分析
(分析項目)pH、EC、窒素、りん酸、加里、苦土、石灰、鉄、ケイ酸、CEC(保肥力)
結果報告
濃度計量証明書、土壌診断書の発行
JA・組合員営農指導
健全な土づくりの実践


開発研究所の役割

宮崎県産の農畜産物を用いた加工食品の開発や各種栄養成分の分析、食品衛生検査を行っています。また、JA宮崎経済連の協同会社が有する食品工場を対象とした品質管理、適正な食品表示への支援、異物分析などを行っています。
【分析内容】 ■商品開発 (JAグループ宮崎オリジナル商品ページをCHECK)

栄養成分・機能性成分分析と各種衛生検査

目的

県産農産物や加工食品の栄養成分分析や食品衛生検査、本県ブランド品目の機能性成分の分析を通し、商品開発やブランド推進を支援します。

分析の流れ

JA・経済連協同会社・県内企業

  • サンプル送付
  • 報告書の送付

開発研究所

サンプル分析

細菌検査(一般生菌数、大腸菌群数等)

  • ・栄養成分…エネルギー、たんぱく質、脂質など
  • ・機能性成分…ビタミンC、βカロテン
  • ・その他…糖度、硝酸態窒素など

産地・JAより付加価値情報(栄養性・機能性成分)の提示

取引先・消費

県産農産物の栄養性・機能性成分を明らかにし、栽培技術の向上に努め、健康に良い農産物生産を目指します。

JAS登録試験事業

開発研究所は、日本農林規格第44号1項の規定に基づき、登録試験事業者として登録されました。にんじんジュース及びにんじんミックスジュースの日本農林規格に規定する測定方法(総カロテン量)

お問い合わせ

農産物総合検査センター TEL:0985-63-5641
開発研究所 TEL:0985-59-1234

  • 宮崎県産 農畜産物
  • JAグループ宮崎オリジナル商品
  • 広報誌
  • テレビ
  • レシピ
  • お問い合わせ
  • 宮崎県牛乳普及協会
  • 宮崎県青果物消費拡大推進協議会
  • あの瞬間、歴史が生まれた
  • 宮崎県牛乳・乳製品利用料理コンクール
  • ディスカバー宮崎
  • 一般社団法人 Jミルク Japan Dairy Association (J-milk)
  • New-Washoku おいしく減塩 乳和食
  • グリーンザウルス×キユーピー
  • 宮崎ブランドポーク普及促進協議会
  • より良き宮崎牛づくり対策協議会
  • 宮崎県しいたけ振興会