事業案内

組織役割・基本方針

役割

組合員が生産する農畜産物の販売や、その生産に欠かせない生産資材および組合員農家の生活に必要な諸資材の購買は営震指導と共に、系統農協事業の根幹である。
そのような中で、JA宮崎経済連はJA・JA全農と共にそれぞれの機能強化を図り、協同組織のメリットと宮崎の豊かな風土を生かして、組合員農家にとってすこしでも有利な販売、有利な購買を行うことを目標にしている。
また、多様化する農家・JAの二一ズに対するため、農畜産物の加工や販売、その他系統経済事業の機能強化を図るべく、協同会社(現16社)を設置し、その負託に応えている。
そして、常に組合員農家の経済的・社会的地位の向上に努めるとともに地域社会の発展に寄与することをモットーに事業に取り組んでいる。

基本方針

本県の農業は、農業産出額約3,524億円、全国5位と食料供給基地の一翼を担っているものの、国内でこれから迎える本格的な少子高齢・人口減少時代の中、農業従事者の急速な減少や高齢化、労働力不足など構造的課題を抱えている。
また、物流の改善・効率化やスマート農業への対応、疾病や自然災害への備えなど、従来の方法や役割等の単なる踏襲だけではなく、時代の変化に対応した生産・流通構造への挑戦が課題となっている。
そのようなことから、次の3つをキーワードとし、組織の経営資源を有効的に活用し事業機能を最大限に発揮することで次のステージに進め、信頼・必要とされる組織づくりと農業所得の向上及び宮崎県農業の発展を目指す。

1 現場力
変化する環境を見据えた現場主義での事業基盤づくり

現場主義

指導購買

農業参入

インテグレー
ション構築

  1. 積極的に現場に出向くことでの信頼関係の構築
  2. 指導事業を中心とした専門性を高め、生産性・技術向上に基づく農業基盤づくり
  3. 経済連グループの農業参入を含めた生産基盤の維持拡大への貢献
  4. 買収や直接販売など環境変化に応じた新たな事業の取組み強化
  5. loT等新技術の活用や労働支援への対応強化
2 総合力
事業連携による潜在能力の最大化とそれに基づく産地の牽引

トータル
コスト低減

事業連携

物流の
改善・効率化

バリューチェーン
構築

  1. 県域・他県連携等によるトータル生産コスト低減
  2. ブランド戦略に基づく販売戦略の実践
  3. 協同会社事業連携による相乗効果の発揮
  4. 県域構想や産地又は将来ビジョンに基づいた施設・物流の整備と合理化
  5. 取引先と一体となったバリューチェーンの構築
  6. 経済連の取組み・成果発信による理解醸成
3 実行力
緻密な計画に基づく確実な実行とチャレンジ精神による組織・人財の成長

明確な
ビジョン

プロセス
管理

チャレンジ
精神

人財育成

  1. 取り巻く課題に対する中年期ビジョンづくり徹底したプロセス管理による目標達成
  2. チャレンジ精神と新しい事業の創造
  3. 創造性を発揮し前例主義にとらわれない姿勢

使命

経営理念

  • 変革私たちは、協同組合として常に自らの変革に努め、組合員、消費者、社会のニーズに応えることのできる組織になることを目指します。
  • 創造私たちは、農業県「みやざき」の持続的発展のために、新たな事業の創造に努めます。
  • 貢献私たちは、「食」と「農」を通じ、豊かで活力ある地域社会を実現すべく地域と共に取り組みます。



その他の活動

  • 宮崎県産 農畜産物
  • JAグループ宮崎オリジナル商品
  • 広報誌
  • テレビ
  • レシピ
  • お問い合わせ
  • 宮崎県青果物消費拡大推進協議会
  • あの瞬間、歴史が生まれた
  • 宮崎県牛乳・乳製品利用料理コンクール
  • ディスカバー宮崎
  • 一般社団法人 Jミルク Japan Dairy Association (J-milk)
  • New-Washoku おいしく減塩 乳和食
  • グリーンザウルス×キユーピー
  • 宮崎ブランドポーク普及促進協議会
  • より良き宮崎牛づくり対策協議会
  • 宮崎県しいたけ振興会