Event

宮崎県産ライチを県知事に贈呈!!

 

今年で発足してから10年を迎えたライチ研究会は23日、宮崎県産ライチが出荷最盛期を迎えるにあたり、

河野知事に贈呈を行いました

 

訪れたのは大隈圭造会長と森哲也副会長の2人で、大隈会長は「今年も色・味ともに自信を持って出荷できるものが出来た。今後も生産量アップを目指し、研究会全体で生産していきたい」と挨拶しました!!

 

海外産のライチは防疫の関係上、冷凍処理および蒸気による熱処理をしていますが、宮崎県産ライチはそのまま食べられることから「生ライチ」の名前が付けられており、生産量・生産面積ともに国内1位を誇ります!

 

なお、本年産のライチは2月の寒波の影響で例年よりも生育は遅れ気味ですが、

7月下旬までに約8トン(昨年実績は5.4トン)の出荷を見込んでおります。

 

DSC_0810 DSC_0775

2020.06.24

  • 宮崎県産 農畜産物
  • JAグループ宮崎オリジナル商品
  • 広報誌
  • テレビ
  • レシピ
  • お問い合わせ
  • 宮崎県青果物消費拡大推進協議会
  • あの瞬間、歴史が生まれた
  • 宮崎県牛乳・乳製品利用料理コンクール
  • ディスカバー宮崎
  • 一般社団法人 Jミルク Japan Dairy Association (J-milk)
  • New-Washoku おいしく減塩 乳和食
  • グリーンザウルス×キユーピー
  • 宮崎ブランドポーク普及促進協議会
  • より良き宮崎牛づくり対策協議会
  • 宮崎県しいたけ振興会