安全安心の取り組み

情熱みやざき農産表示認定制度

情熱みやざき農産物表示認証制度の目的

情熱みやざき農産物の表示を正確に行うことを通して、食の安全・安心を確保するとともに、環境への負荷をできる限り低減して栽培された情熱みやざき農産物を消費者に安定的に供給することにあります。

情熱みやざき農産物とは?

節減対象農薬(使用回数)、化学肥料(窒素成分量)削減の他、以下の特徴があり、慣行と比べ栽培状況等を確認することが可能です。

  • 1農薬・化学肥料の使用計画が
    確認できる
  • 2誰が栽培しているのかが
    確認できる
  • 3栽培履歴の管理が
    徹底されている

どのように認証するの?(認証の仕組み)

1.栽培期間の1ヶ月前生産流通申請
情熱みやざき農産物の計画書作成
 
生産流通計画兼表示認証審査会
認証!
 
2.栽培開始
圃場には認証の立て札を立てる
 
栽培管理記録簿の記入、農薬・肥料の使用状況等
3.栽培期間中
現地確認
・生育状況、防除等の確認 ・栽培履歴、保管書類チェック
4.出荷10日前までに
表示開始届提出
情熱!農産物認証マーク交付
 
5.マークをつけて出荷
市場 生協 量販店
・消費者へ提供

認証の基準は?(認証の種類)

情熱みやざき農産物には、国の新ガイドラインに基づく「特別栽培農産物」とJA宮崎経済連独自の基準に基づく「宮崎経済連農産物」の2種類があります。

特別栽培農産物

地域栽培基準と比較して節減対象農薬(使用回数)、化学肥料(窒素成分量)ともに5割以上削減が基準になります。青の認証マークで表示。

特別栽培農産物

宮崎経済連農産物

化学合成農薬(節減対象農薬)については、慣行基準より5割または3割以上削減し、かつ、化学合成肥料(窒素成分)については、慣行、または3割以上削減して栽培された農産物。ただし、化学合成農薬の使用回数か化学合成肥料の窒素成分量のどちらかは必ず5割以上削減します。緑の認証マークで表示。

特別栽培農産物
  • 宮崎県産 農畜産物
  • JAグループ宮崎オリジナル商品
  • 広報誌
  • テレビ
  • レシピ
  • お問い合わせ
  • 宮崎県青果物消費拡大推進協議会
  • あの瞬間、歴史が生まれた
  • 宮崎県牛乳・乳製品利用料理コンクール
  • ディスカバー宮崎
  • 一般社団法人 Jミルク Japan Dairy Association (J-milk)
  • New-Washoku おいしく減塩 乳和食
  • グリーンザウルス×キユーピー
  • 宮崎ブランドポーク普及促進協議会
  • より良き宮崎牛づくり対策協議会
  • 宮崎県しいたけ振興会